トップ 新規 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

検索

キーワード AND OR
  • ASCII - 日本の1バイトコードJIS X 0201のラテン文字集合はASCIIと類似しています。2文字だけ違います。
  • BBS-相談所/3 - *JIS X 0213:2000の本体の9.符号拡張法、9.2には、「JIS X 0201又はISO/IEC646と漢字集合とを同時に指示する場合、これまでの慣用的な利用との互換を目的としてだけ、附属書5表2に規定される文字をJIS X 0201又はISO/IEC 646とで規定される文字とは異なった図形文字として用いてもよい。」とあります。しかし附属書2から本体9.を参照できるのかどうかは、よく分かりません。 - さだひろ (2006年06月10日 10時09分43秒)
  • EUC-JIS-2004 - 0x8Eの直後1バイトは、最上位ビットを1にした状態でJIS X 0201片仮名集合の文字を表します。
  • EUC-JP - **ただし、0x8Eの直後1文字はJIS X 0201片仮名 (1バイトコード)
  • ISO-2022-JP - なお、ASCIIのかわりにJIS X 0201ラテン文字集合(1b 28 4a)、
  • ISO/IEC 2022 - 構成をしています。[[ISO/IEC 646]], [[ISO/IEC 8859]], JIS X 0201, JIS X 0208, そして
  • ISO/IEC 646 - アメリカのASCIIや日本のJIS X 0201、また各国の類似の文字コード規格と関係があります。
  • JIS X 0201 - JIS X 0201
  • JIS X 0208 - 運用方法(いわゆる文字符号化方式)として、JIS X 0208を単体で用いる方式(すなわち2バイト固定長)のほか、JIS X 0201ならびに[[ISO/IEC 646]]国際基準版(ASCIIと同等)と同時に用いる方式(すなわち1バイトと2バイトが混在)を定義しています。また、附属書において[[シフトJIS|Shift_JIS]]とISO-2022-JP (RFC1468)を取り込んでいます。
  • JIS X 0213 - *ラテン文字・漢字用7ビット符号 - JIS X 0201ラテン文字集合と漢字集合1面をSI/SOで切り替え。SS3で漢字集合2面
  • JISコード - また、JIS X 0208とASCII/JIS X 0201とを併用する符号化方式としてのISO-2022-JP (古くはJUNETコード)がJISコードと呼ばれることもあります。上の意味の「JISコード」が漢字の符号化に使われているために拡張された用法と言えます。
  • Shift_JIS - Shift_JIS (シフトJIS、略してSJISとも)は、JIS X 0208をJIS X 0201と一緒に使うための符号化方式です。
  • Shift_JIS-2004 - Shift_JIS-2004は、JIS X 0213の符号化方式のひとつです。JIS X 0213の符号を計算式によって変形したものとJIS X 0201とを同時に用いる方式で、1バイトと2バイトの混在する文字コードです。
  • エスケープシーケンス - ,JIS X 0201ラテン文字集合,1B 28 4A,ESC ( J
  • チルダ - !!JIS X 0201におけるチルダ
  • ラテン文字 - * JIS X 0201 - この規格が定めるラテン文字集合は、ASCIIとほぼ同じ。ラテン文字については同じで、記号2文字だけが異なる。
  • 円記号 - !!JIS X 0201における円記号
  • 漢字 - 漢字は数が多いことから、ASCIIやJIS X 0201のような1バイトコードでは表すことができず、2バイトコードが実用化されることでコンピュータで扱えるようになりました。
  • 国際基準版・漢字用8ビット符号 - これはEUC-JPから1バイト片仮名 (JIS X 0201片仮名集合) とJIS X 0212補助漢字を除いたものと同等です。
  • 符号位置 - [[ISO/IEC 646]]やASCII、JIS X 0201のような1バイトコードでは、符号位置はx/yのような形で示されます。xとyはそれぞれ0以上の整数で、符号表の列と行を表します。x/yの形で示された符号位置はビット組み合わせに一意に対応します (参照: ISO/IEC 646:1991の5.2節)。
  • 符号化文字集合 - * JIS X 0213を単体で用いるか、またはISO/IEC 646国際基準版 (ASCIIと同等)あるいはJIS X 0201の1バイトコードと組み合わせて用いるか
  • 文字名 - 1990年代以降、[[ISO/IEC 10646]]以外の文字コード規格も、各文字について上記のような文字名を与えるようになっています。2000年に制定されたJIS X 0213はもちろんの事、10646以前に制定された文字コード規格、例えばJIS X 0201やJIS X 0208は、1990年代の改正時に文字名を定義しています。国際標準の[[ISO/IEC 646]]や[[ISO/IEC 8859-1]]も各文字に10646に対応する文字名を定義しています。
  • 片仮名 - !!JIS X 0201における片仮名