トップ 新規 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

検索

キーワード AND OR
  • 2シフトJIS2004 - レアアースさん作のWindows用のプログラム[2シフトJIS2004|http://hp.vector.co.jp/authors/VA018305/tosj2.html]は、EUCやJISコードなどからShift_JIS-2004に変換します。
  • ACMS B2B - V.2.9.0から、ISO-2022-JP-2004/Shift_JIS-2004/EUC-JIS-2004及び Unicode 間で、相互に文字コードを変換することが可能になりました。
  • ACMS EAIpro - JIS X 0213:2004の符号化方式 ISO-2022-JP-2004/Shift_JIS-2004/EUC-JIS-2004及び Unicode 間で、相互に文字コードを変換することが可能になりました。
  • Alpha - EUC-JIS-2004、ISO-2022-JP-2004、Shift_JIS-2004に対応しています。
  • AnyTran - V.5.5.0から、JIS X 0213:2004の符号化方式 ISO-2022-JP-2004/Shift_JIS-2004/EUC-JIS-2004及び Unicode 間で、相互に文字コードを変換することが可能になりました。
  • BBS-相談所/3 - 重複符号化になりますが、ISO-2022-JP-2004に関しては(EUC-JIS-2004やShift_JIS-2004と異なり)使用禁止も「慣用的な利用との互換」もJIS X 0213の附属書に規定されていません。
  • CP932 - 下記に挙げるような様々な問題を持っているので、使用すべきではありません。JIS X 0213のShift_JIS-2004を用いる必要があります。
  • EUC-JIS-2004 - の各バイトに最上位ビット1を付けて表します。Shift_JIS-2004のように計算で変形したりは
  • Emacs - 対応しています。JIS2004の符号化方式であるEUC-JIS-2004, Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004を
  • GNU C Library - 例えば、以下のようなコマンドでShift_JIS-2004 (Shift_JISX0213)のテキスト sjis.txt を
  • HP-UX - JIS X 0213の符号化方式であるShift_JIS-2004, EUC-JIS-2004とUnicodeとの間の変換をiconvコマンド/ライブラリで行うことができます。
  • ISO-2022-JP-2004 - * Shift_JIS-2004 - 本符号化方式と同様のJIS X 0213の符号化方式の一種
  • JIS X 0201 - は、Shift_JISならびにShift_JIS-2004のベースとなっています。
  • JIS X 0208 - 上記の符号化方式それぞれに対応して、JIS X 0213では、Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004という拡張版が用意されています。
  • JIS X 0213 - * Shift_JIS-2004 (附属書1)
  • JIS第3・第4水準漢字を用いる三国志人名リスト - UTF-8, Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004の3つの文字コードで提供されています。
  • Java - Java言語では、バージョン7から、JIS X 0213の符号化方式のひとつShift_JIS-2004への
  • Macintosh OS X - 符号化方式Shift_JIS-2004に対応しています。つまり、Shift_JISX0213に
  • Menu - *Shift_JIS-2004
  • Mule-UCS - さらに、簡易的ですがShift_JIS-2004, EUC-JIS-2004への対応が
  • PHP - Webサイトによく使われるプログラミング言語の[PHP|http://php.net/]では、バージョン5.4からJIS X 0213の3つの符号化方式、Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004が使えるようになったそうです。mbstring拡張モジュールで対応しているとのことです。
  • PocketHpte - WindowsMobile端末用のテキストエディタ[PocketHpte|http://www.hpp.be/Software/PocketHpte/Default.aspx]は、Shift_JIS-2004とEUC-JIS-2004に対応しているとのこと。その他、ISO/IEC 8859のパート1から16まで (12は除く) 対応していることが記されています。
  • PostgreSQL - オープンソースのデータベース管理システム[PostgreSQL|http://www.postgresql.org/]は、バージョン8.3からJIS X 0213に対応するそうです。EUC-JIS-2004とShift_JIS-2004を、それぞれ「EUC_JIS_2004」と「SHIFT_JIS_2004」という名前で扱えるようになるとのこと。
  • Python - しています。codecで、EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004, Shift_JIS-2004が
  • RACCOON - データ・アプリケーション(DAL)のシステム連携のためのソフトウェア製品「RACCOON(ラクーン)」は、JIS X 0213の符号化方式、Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004に対応しています。
  • Ruby - これを利用してEUC-JIS-2004やShift_JIS-2004のテキストデータを変換することは
  • Safari - JIS X 0213の符号化方式のひとつShift_JIS-2004に対応しています。
  • Scala - Java実行環境の上で動作するScala言語では、Javaと同じくShift_JIS-2004を入出力に使うことができます。Shift_JIS-2004はJIS X 0213で定義されている文字符号化方式のひとつです。
  • Shift_JIS - JIS X 0208の区点番号からShift_JISの第1・第2バイトを計算する方法は、下記のShift_JIS-2004の計算式を参照してください。面番号が2の場合を無視するとShift_JISと同じです。
  • Shift_JIS-2004 - Shift_JIS-2004
  • Shift_JISX0213 - 規格の附属書1で定義されています。JIS X 0208ベースのShift_JISの上位互換です。JIS X 0213の2004年改正において、Shift_JIS-2004に取って代わられました。
  • UNICODE2SJIS2004 - レアアースさん作のWindows用のコード変換プログラム[UNICODE2SJIS2004|http://hp.vector.co.jp/authors/VA018305/u2j2.html]は、Unicode (UTF-8, UTF-16, UTF-32) からShift_JIS-2004あるいはShift_JISX0213に変換することができます。
  • UTF-8 - iconvコマンドでShift_JIS-2004のテキストデータをUTF-8に変換するには次のようにします。SJISからUTF-8に変換するときは常にこの指定を用いるのがおすすめです。
  • gTef - EUC-JIS-2004、ISO-2022-JP-2004、Shift_JIS-2004のそれぞれに対応しているという
  • iconv - ここで指定している SHIFT_JISX0213 は、Shift_JIS-2004 を意味します。
  • jless - EUC-JIS-2004、ISO-2022-JP-2004、Shift_JIS-2004 のいずれも扱えます。
  • libiconv - libiconvはJIS X 0213の符号化方式である Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 に対応しています。
  • nkf - ものすごく古い漢字コード変換プログラムである[nkf|http://sourceforge.jp/projects/nkf/]は、2006年7月リリースのVer.2.0.7で、Shift_JISX0213, EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3, Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004に対応しているとのこと。
  • アイヌタイムズ - Shift_JIS-2004で符号化された形(zip形式)で入手できます。
  • アイヌ語 - OSに付属のテキストエディットで入力すると、テキストをそのままShift_JIS-2004 (Shift JIS X0213) やUTF-8で保存できます。
  • アイヌ語用カタカナ文字入力支援マクロ - これはShift_JIS-2004のもとで開発されたものですが、
  • サクラエディタ - Shift_JIS-2004とEUC-JIS-2004に「なんとなく対応」しているそうです。
  • 改定された常用漢字とJIS漢字コード規格 - こうした文字は、JIS X 0213の符号化方式のEUC-JIS-2004, Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004、あるいはUnicodeの符号化方式のUTF-8, UTF-16, UTF-32を使うと符号化できます。
  • 外字 - 例えば、UTF-8とSJISの間でコード変換をするときには、JIS X 0208ベースのShift_JISでなく、拡張規格のJIS X 0213ベースのShift_JIS-2004を指定すれば、丸付き数字やローマ数字はもちろん、専門用語や地名などに使われる第3第4水準漢字や、アクセント付きのラテン文字、英和辞典に用いられる発音記号、著作権表示記号など各種記号類も文字化けせずに使用できます。iconvコマンドでコード変換するときはこうします:
  • 関連データ - * 「[JIS X 0213:2004対応による変更点|http://charset.info/jis2004.html]」。Shift_JIS-2004 (JIS X 0213:2004)とUnicodeの対応表もあります。
  • 丸付き数字 - JIS X 0208ベースのShift_JISやEUC-JPは丸付き数字に対応しないので、JIS X 0213ベースのShift_JIS-2004やEUC-JIS-2004を用いれば、上記の丸付き数字全てに対応できます。
  • 国内実装互換 - したがって、例えば、Windowsのメモ帳で丸付き数字やローマ数字を使ったテキストをシフトJIS (いわゆるCP932)として保存したファイルは、Shift_JIS-2004として解釈できます。
  • 双柱 - 双柱を正しくUnicodeに変換するには、Shift_JIS や Shift_JISX0213, Shift_JIS-2004と指定すると良いでしょう。
  • 波ダッシュ問題 - この観点から最も推奨されるのは、Shift_JIS-2004 (Shift_JISX0213)の変換を用いることです。例えばiconvコマンドでは下記のようなオプション指定にてシフトJISからUTF-8へ変換します。
  • 符号化文字集合 - また、附属書1から3において、Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004, EUC-JIS-2004を定義していますが、これらも上記の定義における符号化文字集合です。
  • 文字コード - ひとつめの意味は、例えば「ASCII」や「[[ISO/IEC 8859-1]]」、「Shift_JIS-2004」などが該当します(IETFの語法で「文字符号化方式」に当たるものも含みます)。ISOやJISの定義で「符号 (code)」という語は「符号化文字集合」と同義なので、「文字コード」という広く知られている言葉を「符号化文字集合」と対応させて用いることができます。
  • 面区点番号 - 面区点番号が分かれば、7ビットコードや8ビットコード(EUC-JIS-2004)、あるいはShift_JIS-2004における符号化表現が一意に定まります。