トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

GNU C Library

[カテゴリ:コード変換]

GNU C Library

バージョン2.3以降で、文字コード変換の関数・コマンドのiconvJIS X 0213の符号化方式(EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3, Shift_JISX0213)をサポートしています。

使用方法

例えば、以下のようなコマンドでShift_JIS-2004 (Shift_JISX0213)のテキスト sjis.txt をEUC-JIS-2004 (EUC-JISX0213) に変換して euc.txt に書き出すことができます。

 % iconv -f Shift_JISX0213 -t EUC-JISX0213 sjis.txt > euc.txt

バージョン2.3.6では、2004年改正の追加10文字もサポートしたようです。ただし符号化方式名は以前のままで、2004年改正の "-2004" という名前になってはいないようです。

したがって、「Shift_JISX0213」という名前でShift_JIS-2004を、「EUC-JISX0213」という名前でEUC-JIS-2004を指定します。

もちろん、UTF-8UTF-16といったUnicodeの符号化方式との間で変換することもできます。

【注: サポートし始めた正確なバージョンについてもしかすると誤りがあるかもしれません。JIS X 0213に対応しているかどうかはiconvコマンドの -l オプションで確認できます。】

関連項目

計算:6×3= お名前: コメント:

最終更新時間:2016年11月14日 20時38分38秒