トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

libiconv

[カテゴリ:コード変換]

概要

GNU libiconvは、文字コード変換のライブラリおよびコマンドのiconvの実装のひとつです。Free Software Foundationによって、GNUプロジェクトの一環として開発・配布されています。

単体でダウンロードしてビルドできるほか、Windowsで動くCygwinからもインストール・使用できます。

JIS X 0213対応

libiconvJIS X 0213の符号化方式である Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 に対応しています。

名称として、それぞれ、SHIFT_JISX0213, EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3 として指定できます。これらはJIS X 0213:2000における名前ですが、2004年改正版の上記「-2004」と同じ内容です。

ただし、ビルド時にオプション --enable-extra-encodings をつけてconfigureされている必要があります。libiconvで SHIFT_JISX0213 等に対応していないケースはこれを用いずにビルドされたことが考えられます。

コード変換例

例えば、SJISからUTF-8に変換するには次のようなコマンドラインになります。

iconv -f SHIFT_JISX0213 -t UTF-8 < sjis.txt > utf8.txt

バージョンによっては、SHIFT_JIS-2004, EUC-JIS-2004 という名前がエイリアスとして定義されているようです (参考:「Cygwin の iconv で EUC-JIS-2004 や Shift_JIS-2004」)。登録されている名前を確かめるには、下記のようにオプションをつけてiconvコマンドを実行します。エイリアスは同一行に出力されます。

iconv --list

参照

関連項目

最終更新時間:2017年01月22日 00時07分28秒