トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

mlterm

[カテゴリ:端末]

mlterm

多言語対応端末エミュレータのmltermではJIS X 0213を扱うことができます。

エンコーディングとして、EUC-JISX0213Shift_JISX0213ISO-2022-JP-3が利用可能となっています。

ダイアクリティカルマークの合成も可能です。

上はmltermw3mによる表示例です。JIS X 0213符号位置の割り当てられた半濁点つきの仮名や、合成の必要な音声記号も表示できていることが見て取れます。

計算:4×6= お名前: コメント:

最終更新時間:2006年02月11日 19時11分08秒