トップ 新規 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

SKKの変更点

-から入手できます。CVSからも入手可能です。
+から入手できます。
+また、JIS X 0213:2004で追加された文字を含む辞書は[SKK-JISYO.JIS2004|http://openlab.ring.gr.jp/skk/skk/dic/SKK-JISYO.JIS2004]です。説明は[SKK辞書Wiki|http://openlab.jp/skk/wiki/wiki.cgi?page=SKK%BC%AD%BD%F1]を参照して下さい。これらの辞書はCVSからも入手可能です。
-[SKKでJIS X 0213を使う|http://www.asahi-net.or.jp/~wq6k-yn/code/skkx0213.html]
-という文書もありますが、この情報は少々古く、SKK 10.59当時のものです。
-DDSKK 12以降では、この文書にあるような設定は不要で、Emacsの準備と辞書の用意さえ
-すればすぐにJIS X 0213の文字を入力可能です。
+「[SKKでJIS X 0213を使う|http://www.asahi-net.or.jp/~wq6k-yn/code/skkx0213.html]」
+という文書もあります。必要な設定が簡単に説明されており、
+Emacsの準備と辞書の用意さえすればすぐにJIS X 0213の文字を入力可能です。
+
+また、「[SKKで月配列を使う|http://www.asahi-net.or.jp/~WQ6K-YN/skk-tsuki.html]」
+という文書では、SKKで月配列という仮名入力配列を実現する方法が
+説明されていますが、ここで配布されているEmacs LispではJIS X 0213で追加
+された平仮名・片仮名
+(鼻濁音やアイヌ語用の仮名文字) を入力するための設定が用意されています。
+
+!!関連項目
+
+*CorvusSKK - Windows用のSKK風IME