トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

漢字集合1面

[カテゴリ:仕様]

漢字集合1面とは、JIS X 0213で定義されている2つの符号化文字集合の1つです。8,797文字を収録しています。JIS X 0208の上位互換となっています。JIS X 0208の符号表の空き領域の大部分を文字で埋めたものです。

この符号化文字集合は、ISO/IEC 2022に整合的な94×94文字の2バイト符号化文字集合です。各符号位置には7ビットの2バイトコードが対応します。符号位置は区点番号で例えば「16区1点」のように表されます。漢字集合2面と区別するために、面番号を先頭につけた面区点番号 (例えば「1面16区1点」)が、符号位置を示すのによく使われます。

文字レパートリーの概要

JIS X 0208に対して、以下のような文字が追加されています。

  • 漢字
    • アクセント記号などダイアクリティカルマーク付きのラテン文字。フランス語やドイツ語等欧州言語で使われるものや、日本語のローマ字表記で長音を表すものなど。特に、西欧のISO/IEC 8859-1、中欧のISO/IEC 8859-2の文字は全て含む
    • 英和辞典に使われるような発音記号
    • 数学記号等
    • 印刷物に使われる約物類、例えば白抜きの括弧や蛇の目記号等
    • 著作権表示記号、ユーロ記号などの記号類
    • アイヌ語の表記に使われる小書き等の片仮名
    • 鼻濁音表記用の平仮名片仮名
    • 丸付き数字ローマ数字等、Windowsのベンダ定義外字(CP932)と互換の記号類
  • 第3水準漢字
    • 一般用語、学術用語、地名、人名等に用いられる漢字で、第4水準漢字より使用頻度の高いもの
    • JIS X 0208の1983年改正(83JIS)の字体変更によって消えた78JIS字体の復活(29文字)
    • 人名用漢字として許容されている旧字体、常用漢字表に示されている旧字体のうち、JIS X 0208で他の字体と包摂されているものを分離したもの (「人名許容・康煕別掲」)

この符号化文字集合によって、現行(2013年現在)の常用漢字人名用漢字がカバーされます。

2004年改正による追加

この符号化文字集合は2000年のJIS X 0213初版で定義されましたが、2004年改正の際、第3水準漢字が10文字追加されました。この10文字は「表外漢字UCS互換」と呼ばれます。

参照情報

JIS X 0213漢字集合1面の符号表は、ISO-IRのサイトで閲覧することができます (番号233)。

関連項目

コメント

計算:5×2= お名前: コメント:

最終更新時間:2016年10月11日 23時21分29秒