トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

ISO/IEC 8859

[カテゴリ:仕様]

ISO/IEC 8859とは、ISOとIECが定めている1バイトの文字コード規格です。

規格の構成

第1部から第16部まであり(ただし第12部は欠番)、それぞれが別個の符号化文字集合を定義しています。他のISO規格やJISと同じく、部の番号は規格番号の後にハイフンで続けて記します。最もよく知られている部は、西ヨーロッパ諸言語向けの第1部、すなわちISO/IEC 8859-1、通称Latin-1です。

各部は概ね、西欧や中欧、北欧などのような地域ごと、また、キリル文字ギリシャ文字、タイ文字といった文字体系ごとに分かれています。ただ、同じ地域向けの部を改めて作り直しているケースもあります。例えば、西欧向け8859-1を作り直してユーロ記号などを入れた8859-15があります。この場合、作り直す前の部も廃棄されずに併存しています。

各部の文字レパートリーは排他ではなく、例えば第1部と第2部とで重複する文字があったりしています。

符号の構造

8ビットの1バイトコードです。

JIS X 0213との関係

JIS X 0213は、漢字集合1面の中に、ISO/IEC 8859の第1部第2部の文字全てを含んでいます。他の部の文字も、全てではないにしても複数含んでいます。

関連項目

最終更新時間:2016年10月23日 10時34分55秒