トップ 新規 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

検索

キーワード AND OR
  • EUC-JISX0213 - EUC-JIS-2004との違いは、JIS2004で追加された「表外漢字UCS互換」の第3水準漢字10文字が含まれていないだけです。
  • ISO-2022-JP-2004 - JIS X 0213の2000年版では、この符号化方式はISO-2022-JP-3という名前でした。これは漢字集合1面がJIS X 0213:2000のものであるため、JIS X 0213:2004で追加された「表外漢字UCS互換」10文字を含まない点が違います。
  • ISO-2022-JP-3 - このため、「表外漢字UCS互換」の10文字を含みませんし、エスケープシーケンスも異なります。
  • JIS X 0213 - *2004年 改正。追補1を発行。例示字形を表外漢字字体表に合わせる変更。これに伴い第3水準漢字に「表外漢字UCS互換」10文字を追加。
  • JIS2004 - !表外漢字UCS互換
  • Macintosh OS X - 加え、「表外漢字UCS互換」10文字にも対応しています。
  • Safari - なお、Tiger PPC Safari3.0.4は「表外漢字UCS互換」10文字に対応していま
  • Shift_JISX0213 - Shift_JIS-2004との違いは、JIS2004で追加された「表外漢字UCS互換」の第3水準漢字10文字が
  • 漢字集合1面 - 2004年改正の際、第3水準漢字が10文字追加されました。この10文字は「表外漢字UCS互換」と呼ばれます。
  • 日医標準レセプトソフト - ただし、JIS X 0213:2004と説明されているので、JIS X 0213:2000のEUC-JISX0213ではなく2004年改正版のEUC-JIS-2004と考えられます。両者は第3水準漢字の「表外漢字UCS互換」10文字の有無だけが異なります。
  • 表外漢字UCS互換 - 表外漢字UCS互換
  • 表外漢字字体表 - JIS X 0213の2004年改正は、例示字形を表外漢字字体表に合わせることを目的として行われました。この結果、例示字形を変更すると不都合の生じるもの10文字の印刷標準字体については「表外漢字UCS互換」という形で新たに符号位置を与えられました。