トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Macintosh OS X

[カテゴリ:OS]

Macintosh OS X

Macintosh OS Xは、JIS X 0213:2000の符号化方式のひとつShift_JISX0213に対応しています。

OS X LeopardはJIS X 0213:2004対応のフォントを搭載しました。また、付属のテキストエディタや、ウェブブラウザSafariにおいて、符号化方式Shift_JIS-2004に対応しています。つまり、Shift_JISX0213に加え、「表外漢字UCS互換」10文字にも対応しています。

コメント

  • メーリングリストにも書きましたが、テストページを作ってくだされば、テストすることは可能です。MacOS X ver10.4.11でダウンロードされるSafari ver.3.0.4 を用いると、表示→テキストエンコーディング→日本語(ShiftJIS X0213)というエンコーディングが機能するようになりました。Unicode3.2 に対応しているフォントで表示されます。MacOS X ver10.3 以前でダウンロードできるSafari ver.1.1では、Safari→環境設定→テキストエンコーディング→日本語(Shift JIS X0213)というエンコーディングが選択できましたが、機能してませんでした。 OS X Leopardになっても状況は同じで、日本語(Shift JISX0213)というエンコーディングが機能するようになっています。 - kumanesir (2008年02月10日 00時50分02秒)
  • JIS2004の「表外漢字UCS互換」10文字 (およびその面区点番号)は、残念ながら符号化方式Shift_JIS-2004に対応していないようです。しかし、他の部分はほとんど対応していると思います。私の場合は、合成文字でアイヌ語の「小さなプ」はちょっと不満ですね。半濁点が少し離れていると思います。しかし、エクセルやワードの離れ具合よりはましでしょうね。あれは使いものになりません。メイリオを使っても同じです。Office 2008 for Macの場合ですが、Office 2007 for Vistaでも結果は同じです。合成文字は問題ないということでユニコードで採用になりましたが、アイヌ語の「小さなプ」はよく使いますからね。しかし、Vistaのメモ帳やLeopardのテキストエディタでは、きれいなアイヌ語の合成文字「小さなプ」ができます。これには満足します。ブラウザ、アプリケーションもこれに準拠してほしいものです。 - kumanesir (2008年02月12日 02時12分32秒)
  • Leopard Intel Safari3.0.4 では、 JIS2004 の「表外漢字 UCS 互換」 10 文字 ( およびその面区点番号 ) が表示します。Tiger PPC Safari3.0.4の場合と違います。改善されたようです。 - kumanesir (2008年02月12日 11時38分03秒)
  • いただいたコメントを元に、本文を修正してみました。 - やの (2008年02月16日 16時01分05秒)
計算:3×1= お名前: コメント:

最終更新時間:2008年02月16日 16時01分05秒