トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

MSB

MSB (Most Significant Bit)とは、ビット組合せにおける最上位ビットです。2進数における最も左の桁ともいえます。

例えば、10110000のMSBは1です。このMSBを0にすると00110000となります。

対義語はLeast Significant Bit (LSB)です。

文字コードMSB

ASCIIコードは16進表記0x7Fまでの領域に文字を割り当てているので、8ビットのバイトにおいてはMSBは0になります。

一方、ASCIIを拡張した形をとるISO/IEC 8859-1 (Latin-1)では、0xA0-0xFFの領域(GR領域)に文字を割り当てており、ここはMSBが1となります。

EUCではMSBが0のビットは必ずASCIIで、2バイトコードは各バイトのMSBが必ず1になります。

ISO-2022-JP-2004ISO-2022-JPでは、符号化されたデータ全てにおいてMSBは0になります。つまり、7ビットのコードです。

ISO/IEC 2022のアークテクチャでは、8ビット符号表におけるCL領域とGL領域はMSBが0、CR領域とGR領域はMSBが1になります。

最終更新時間:2017年09月17日 18時39分32秒