トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Java

[カテゴリ:プログラミング]

Java

Java言語では、バージョン7から、JIS X 0213の符号化方式のひとつShift_JIS-2004への対応が追加されています。Java 6でも、途中のUpdateから同様に追加されています。

"x-SJIS_0213" という名称で登録されています。文字コードを指定する場面においてこの文字列を指定すると、Shift_JIS-2004が利用できます。ファイル入出力などに利用可能です。

Javaの内部コードはUnicode (UTF-16)なので、UnicodeShift_JIS-2004とのコード変換がなされます。

試したところでは、JIS X 0213の2004年版で追加された漢字や、結合文字を用いるアイヌ語片仮名、サロゲート・ペアを用いる漢字についてもきちんと動くようです。

参考

関連項目

コメント

計算:5×7= お名前: コメント:

最終更新時間:2013年06月01日 12時37分30秒