トップ 新規 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

検索

キーワード AND OR
  • ASCII - 国際規格である[[ISO/IEC 646]]の国際基準版は、ASCIIと同等の文字コードです。
  • BBS-相談所/3 - ISO-2022-JP-2004の対応表ですが、ISO/IEC 646 IRVと重複する文字も漢字7ビット符号の対応表と同様に割り当てるのではないですか?
  • BMP - BMP (Basic Multilingual Plane, 基本多言語面)は、Unicode並びに[[ISO/IEC 10646]]の面00に付けられた呼び名です。
  • CJK互換漢字 - CJK互換漢字とは、Unicodeならびに[[ISO/IEC 10646]]において、CJK統合漢字とは別に、他の文字コードとの互換性のために用意されている漢字の符号位置です。
  • CJK統合漢字 - CJK統合漢字とは、[[ISO/IEC 10646]]ならびにUnicodeにおいて、東アジアの漢字文化圏各国の漢字コード規格にある漢字を統合して作成された漢字集合です。CJKという呼び方はChina, Japan, Koreaの頭文字から来ています。
  • ISO/IEC 10646 - ISO/IEC 10646
  • ISO/IEC 2022 - [[ISO/IEC 10646]]以前の主要な国際・国内の文字コード規格はISO/IEC 2022と整合的な
  • ISO/IEC 646 - ISO/IEC 646
  • ISO/IEC 8859 - * GL領域(0x20-0x7F)は、[[ISO/IEC 646]]国際基準版(ASCIIと同じ)
  • ISO/IEC 8859-1 - 8ビット符号表のGL領域(0x20-0x7F)に[[ISO/IEC 646]]国際基準版(ASCIIと同じ)、GR領域(0xA0-0xFF)にはこの規格が定める文字集合を置いた形で使われます。
  • ISO/IEC 8859-2 - 8ビット符号表のGL領域(0x20-0x7F)に[[ISO/IEC 646]]国際基準版(ASCIIと同じ)、GR領域(0xA0-0xFF)にはこの規格が定める文字集合を置いた形で使われます。
  • JIS X 0201 - ラテン文字集合はASCIIならびに[[ISO/IEC 646]]国際基準版とほぼ同じですが、
  • JIS X 0208 - 運用方法(いわゆる文字符号化方式)として、JIS X 0208を単体で用いる方式(すなわち2バイト固定長)のほか、JIS X 0201ならびに[[ISO/IEC 646]]国際基準版(ASCIIと同等)と同時に用いる方式(すなわち1バイトと2バイトが混在)を定義しています。また、附属書において[[シフトJIS|Shift_JIS]]とISO-2022-JP (RFC1468)を取り込んでいます。
  • JIS X 0213 - *国際基準版・漢字用7ビット符号 - [[ISO/IEC 646]]国際基準版と漢字集合1面をSI/SOで切り替え。SS3で漢字集合2面
  • JIS2004 - ただし、表外漢字字体表にあわせるとUnicode ([[ISO/IEC 10646]] UCS) との対応に問題を生じるものが10文字あったことから、これらについては独立した符号位置が新たに与えられました。これを表外漢字UCS互換といいます。
  • UTF-16 - 他方、Unicodeと同等の文字コード規格[[ISO/IEC 10646]]ではUCS-4という4バイトコードが定義されており、これを使うと65,536符号位置からなる面をいくつも扱うことが可能でした。Unicodeの16ビットの符号空間は面00, Basic Multilingual Plane (BMP) という位置付けです。
  • UTF-8 - * [[ISO/IEC 10646]]
  • Unicode - * [[ISO/IEC 10646]] - ISOとIECによる、Unicodeと同等の文字コードの公的標準。
  • エスケープシーケンス - ,ASCIIないし[[ISO/IEC 646]]国際基準版,1B 28 42,ESC ( B
  • キリル文字 - * Unicode / [[ISO/IEC 10646]]
  • ギリシャ文字 - * Unicode ならびに [[ISO/IEC 10646]]
  • ソフトハイフン - !!UnicodeならびにISO/IEC 10646におけるソフトハイフン
  • チルダ - !!ASCIIならびにISO/IEC 646におけるチルダ
  • ノーブレークスペース - !!UnicodeならびにISO/IEC 10646におけるノーブレークスペース
  • ラテン文字 - * ASCII ならびに [[ISO/IEC 646]]国際基準版 - 英語に用いる26文字の大文字小文字。
  • 円記号 - !!Unicodeならびに[[ISO/IEC 10646]]における円記号
  • 漢字 - !!ISO/IEC 10646ならびにUnicodeにおける漢字
  • 国際基準版・漢字用8ビット符号 - 国際基準版・漢字用8ビット符号は、JIS X 0208ならびにJIS X 0213で規定される符号化方式のひとつです。2バイトの漢字コードを[[ISO/IEC 646]]国際基準版 (ASCIIと同じ1バイトコード) と同時に運用するものです。一般的にEUCと呼ばれるコードに対応します。
  • 波ダッシュ - また、Unicodeと同等の国際規格ISO/IEC 10646の翻訳規格JIS X 0221の1995年版でもJISの1区33点の波ダッシュをU+301Cに対応付けており、各文字に文字名を規定するようになったJIS X 0208:1997はそれを反映して1区33点にWAVE DASHという文字名を与えました(日本語通用名称はそれ以前から「波ダッシュ」)。このように、UnicodeのU+301C WAVE DASHがJISの1区33点の波ダッシュに対応することは一貫しています。
  • 波ダッシュ問題 - 表の中の「文字名」は、JIS X 0208にて規定されている文字名であり、Unicode ([[ISO/IEC 10646]] UCS) の文字名に対応します。
  • 表外漢字UCS互換 - 表外漢字UCS互換とは、JIS X 0213の2004年改正で第3水準漢字に追加された10文字です。ここでいうUCSとは[[ISO/IEC 10646]] UCS (Universal Coded Character Set, 国際符号化文字集合)のことです。JIS X 0213の例示字形を表外漢字字体表に合わせる際にUCSとの互換性の問題から設定されたものです。
  • 符号位置 - [[ISO/IEC 646]]やASCII、JIS X 0201のような1バイトコードでは、符号位置はx/yのような形で示されます。xとyはそれぞれ0以上の整数で、符号表の列と行を表します。x/yの形で示された符号位置はビット組み合わせに一意に対応します (参照: ISO/IEC 646:1991の5.2節)。
  • 符号化文字集合 - これはISO/IEC 646やISO/IEC 8859といった国際規格における定義と同等の内容です。例えば[[ISO/IEC 646]]:1991では下記のように定義されています。ASCIIを定めるANSI X3.4でも同じです。
  • 文字名 - 文字名とは、[[ISO/IEC 10646]]ならびにUnicodeにおいて各文字(符号位置)に与えられた名前です。ラテン大文字で付けられています。
  • 包摂 - !!ISO/IEC 10646の包摂規準