トップ 新規 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

検索

キーワード AND OR
  • Apsaly - Windows用のフリーのテキストエディタApsalyはShift_JISX0213, EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3 に対応しているとのこと。
  • EUC-JISX0213 - * Shift_JISX0213
  • GNU C Library - バージョン2.3以降で、文字コード変換の関数・コマンドのiconvでJIS X 0213の符号化方式(EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3, Shift_JISX0213)をサポートしています。
  • Gauche - EUC-JISX0213, Shift_JISX0213, ISO-2022-JP-3を扱うことができ、相互に
  • JIS2004 - これに応じて、附属書1から3の符号化方式の名称が、Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004, EUC-JIS-2004と変更されています。2000年版ではそれぞれ、Shift_JISX0213, ISO-2022-JP-3, EUC-JISX0213でした。
  • Jedit X - Shift_JISX0213をサポートしているようです。
  • Macintosh OS X - Macintosh OS Xは、JIS X 0213:2000の符号化方式のひとつShift_JISX0213に
  • Mule-UCS - shift_jisx0213、iso-2022-jp-3 が使用可能になります。
  • Perl - を使うことで、JIS X 0213の符号化方式EUC-JISX0213、Shift_JISX0213、
  • Ruby - また、Iconvクラスによるコード変換で、Shift_JISX0213、EUC-JISX0213、
  • Safari - テキストエンコーディングを「Shift_JISX0213」に指定すると、
  • Shift_JIS - この "SHIFT_JIS" を "SHIFT_JISX0213" に置き換えれば、Shift_JIS-2004が使われ、上記の問題が解決します。
  • Shift_JIS-2004 - Shift_JISX0213という名称でした。
  • Shift_JISX0213 - Shift_JISX0213
  • TeX - 齋藤修三郎さんの「[JIS X 0213 への道|http://psitau.at.infoseek.co.jp/jisx0213.html]」では、pLaTeX2eでShift_JISX0213を扱うためのパッケージが公開されています。また、EUC-JISX0213-plane1にも対応したようです。
  • UNICODE2SJIS2004 - レアアースさん作のWindows用のコード変換プログラム[UNICODE2SJIS2004|http://hp.vector.co.jp/authors/VA018305/u2j2.html]は、Unicode (UTF-8, UTF-16, UTF-32) からShift_JIS-2004あるいはShift_JISX0213に変換することができます。
  • UTF-8 - iconv -f SHIFT_JISX0213 -t UTF-8 < sjis.txt > utf8.txt
  • Yudit - ファイルの入出力で、Shift_JISX0213、EUC-JISX0213、ISO-2022-JP-3が指定
  • iconv - iconv -f SHIFT_JISX0213 -t UTF-8 < sjis.txt > utf8.txt
  • jless - EUC-JISX0213、ISO-2022-JP-3、Shift_JISX0213、
  • kf - これによって、JIS X 0208との互換性を保ったまま、Shift_JISX0213、EUC-JISX0213、ISO-2022-JP-3に対応します。
  • libiconv - 名称として、それぞれ、SHIFT_JISX0213, EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3 として指定できます。これらはJIS X 0213:2000における名前ですが、2004年改正版の上記「-2004」と同じ内容です。
  • mlterm - エンコーディングとして、EUC-JISX0213、Shift_JISX0213、ISO-2022-JP-3
  • nkf - ものすごく古い漢字コード変換プログラムである[nkf|http://sourceforge.jp/projects/nkf/]は、2006年7月リリースのVer.2.0.7で、Shift_JISX0213, EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3, Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004に対応しているとのこと。
  • アイヌ語 - JIS X 0213によって初めてアイヌ語はコンピュータで扱えるようになりました。2000年にJIS X 0213が規格化されると、Shift_JISX0213によるアイヌ語テキストの符号化が行われるようになりました。
  • 外字 - iconv -f UTF-8 -t SHIFT_JISX0213 < utf8.txt > sjis.txt
  • 丸付き数字 - iconv -f SHIFT_JISX0213 -t UTF-8 < sjis.txt > utf8.txt
  • 双柱 - 双柱を正しくUnicodeに変換するには、Shift_JIS や Shift_JISX0213, Shift_JIS-2004と指定すると良いでしょう。例えばiconvコマンドでは次のように指定します。
  • 超漢字メール - よると、「超漢字メール」はISO-2022-JP-3やEUC-JISX0213、Shift_JISX0213に
  • 波ダッシュ問題 - この観点から最も推奨されるのは、Shift_JIS-2004 (Shift_JISX0213)の変換を用いることです。例えばiconvコマンドでは下記のようなオプション指定にてシフトJISからUTF-8へ変換します。