トップ 新規 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

検索

キーワード AND OR
  • 2シフトJIS2004 - レアアースさん作のWindows用のプログラム[2シフトJIS2004|http://hp.vector.co.jp/authors/VA018305/tosj2.html]は、EUCやJISコードなどからShift_JIS-2004に変換します。
  • ACMS B2B - V.2.9.0から、ISO-2022-JP-2004/Shift_JIS-2004/EUC-JIS-2004及び Unicode 間で、相互に文字コードを変換することが可能になりました。
  • ACMS EAIpro - JIS X 0213:2004の符号化方式 ISO-2022-JP-2004/Shift_JIS-2004/EUC-JIS-2004及び Unicode 間で、相互に文字コードを変換することが可能になりました。
  • Alpha - EUC-JIS-2004、ISO-2022-JP-2004、Shift_JIS-2004に対応しています。
  • AnyTran - V.5.5.0から、JIS X 0213:2004の符号化方式 ISO-2022-JP-2004/Shift_JIS-2004/EUC-JIS-2004及び Unicode 間で、相互に文字コードを変換することが可能になりました。
  • Apsaly - Windows用のフリーのテキストエディタApsalyはShift_JISX0213, EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3 に対応しているとのこと。
  • BBS-相談所/3 - 重複符号化になりますが、ISO-2022-JP-2004に関しては(EUC-JIS-2004やShift_JIS-2004と異なり)使用禁止も「慣用的な利用との互換」もJIS X 0213の附属書に規定されていません。
  • CP932 - CP932 (コードページ932)とは、Shift_JISにベンダ定義外字を独自に付け加えた実装のひとつです。Microsoft Windowsに見られます。
  • EUC-JIS-2004 - の各バイトに最上位ビット1を付けて表します。Shift_JIS-2004のように計算で変形したりは
  • EUC-JISX0213 - * Shift_JISX0213
  • Emacs - 対応しています。JIS2004の符号化方式であるEUC-JIS-2004, Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004を
  • GNU C Library - バージョン2.3以降で、文字コード変換の関数・コマンドのiconvでJIS X 0213の符号化方式(EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3, Shift_JISX0213)をサポートしています。
  • Gauche - EUC-JISX0213, Shift_JISX0213, ISO-2022-JP-3を扱うことができ、相互に
  • HP-UX - JIS X 0213の符号化方式であるShift_JIS-2004, EUC-JIS-2004とUnicodeとの間の変換をiconvコマンド/ライブラリで行うことができます。
  • ISO-2022-JP-2004 - * Shift_JIS-2004 - 本符号化方式と同様のJIS X 0213の符号化方式の一種
  • JIS X 0201 - は、Shift_JISならびにShift_JIS-2004のベースとなっています。
  • JIS X 0208 - 運用方法(いわゆる文字符号化方式)として、JIS X 0208を単体で用いる方式(すなわち2バイト固定長)のほか、JIS X 0201ならびに[[ISO/IEC 646]]国際基準版(ASCIIと同等)と同時に用いる方式(すなわち1バイトと2バイトが混在)を定義しています。また、附属書において[[シフトJIS|Shift_JIS]]とISO-2022-JP (RFC1468)を取り込んでいます。
  • JIS X 0212 - [[ISO/IEC 2022]]の枠組みのもとで使うことのみを意図しており、Shift_JISの符号化で用いることはできません。これはJIS X 0212が普及しなかった大きな理由と考えられます。このことから、Shift_JIS方式の符号化も可能なJIS X 0213が開発されることとなりました。
  • JIS X 0213 - * Shift_JIS-2004 (附属書1)
  • JIS2004 - これに応じて、附属書1から3の符号化方式の名称が、Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004, EUC-JIS-2004と変更されています。2000年版ではそれぞれ、Shift_JISX0213, ISO-2022-JP-3, EUC-JISX0213でした。
  • JISコード - 元々日本における漢字の符号化にはJIS X 0208のオリジナルの7ビットのビット組合せと、そのMSBを1にした8ビットのEUC、さらには計算によって変形したShift_JISとがありました。これらのうち、オリジナルの7ビットの2バイトのビット組合せを「JISコード」と称することがしばしばあります。辞典類にも区点番号とともに載っていることがあります。
  • JIS第3・第4水準漢字を用いる三国志人名リスト - UTF-8, Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004の3つの文字コードで提供されています。
  • Java - Java言語では、バージョン7から、JIS X 0213の符号化方式のひとつShift_JIS-2004への
  • Jedit X - Shift_JISX0213をサポートしているようです。
  • Macintosh OS X - Macintosh OS Xは、JIS X 0213:2000の符号化方式のひとつShift_JISX0213に
  • Menu - *Shift_JIS-2004
  • Mule-UCS - shift_jisx0213、iso-2022-jp-3 が使用可能になります。
  • PHP - Webサイトによく使われるプログラミング言語の[PHP|http://php.net/]では、バージョン5.4からJIS X 0213の3つの符号化方式、Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004が使えるようになったそうです。mbstring拡張モジュールで対応しているとのことです。
  • Perl - を使うことで、JIS X 0213の符号化方式EUC-JISX0213、Shift_JISX0213、
  • PocketHpte - WindowsMobile端末用のテキストエディタ[PocketHpte|http://www.hpp.be/Software/PocketHpte/Default.aspx]は、Shift_JIS-2004とEUC-JIS-2004に対応しているとのこと。その他、ISO/IEC 8859のパート1から16まで (12は除く) 対応していることが記されています。
  • PostgreSQL - オープンソースのデータベース管理システム[PostgreSQL|http://www.postgresql.org/]は、バージョン8.3からJIS X 0213に対応するそうです。EUC-JIS-2004とShift_JIS-2004を、それぞれ「EUC_JIS_2004」と「SHIFT_JIS_2004」という名前で扱えるようになるとのこと。
  • Python - しています。codecで、EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004, Shift_JIS-2004が
  • RACCOON - データ・アプリケーション(DAL)のシステム連携のためのソフトウェア製品「RACCOON(ラクーン)」は、JIS X 0213の符号化方式、Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004に対応しています。
  • Ruby - これを利用してEUC-JIS-2004やShift_JIS-2004のテキストデータを変換することは
  • Safari - JIS X 0213の符号化方式のひとつShift_JIS-2004に対応しています。
  • Scala - Java実行環境の上で動作するScala言語では、Javaと同じくShift_JIS-2004を入出力に使うことができます。Shift_JIS-2004はJIS X 0213で定義されている文字符号化方式のひとつです。
  • Shift_JIS - Shift_JIS
  • Shift_JIS-2004 - Shift_JIS-2004
  • Shift_JISX0213 - Shift_JISX0213
  • TeX - 齋藤修三郎さんの「[JIS X 0213 への道|http://psitau.at.infoseek.co.jp/jisx0213.html]」では、pLaTeX2eでShift_JISX0213を扱うためのパッケージが公開されています。また、EUC-JISX0213-plane1にも対応したようです。
  • UNICODE2SJIS2004 - レアアースさん作のWindows用のコード変換プログラム[UNICODE2SJIS2004|http://hp.vector.co.jp/authors/VA018305/u2j2.html]は、Unicode (UTF-8, UTF-16, UTF-32) からShift_JIS-2004あるいはShift_JISX0213に変換することができます。
  • UTF-8 - iconvコマンドでShift_JIS-2004のテキストデータをUTF-8に変換するには次のようにします。SJISからUTF-8に変換するときは常にこの指定を用いるのがおすすめです。
  • Yudit - ファイルの入出力で、Shift_JISX0213、EUC-JISX0213、ISO-2022-JP-3が指定
  • gTef - EUC-JIS-2004、ISO-2022-JP-2004、Shift_JIS-2004のそれぞれに対応しているという
  • iconv - 例えば、Shift_JISからUTF-8に変換するにはこうします。
  • jless - EUC-JISX0213、ISO-2022-JP-3、Shift_JISX0213、
  • kf - これによって、JIS X 0208との互換性を保ったまま、Shift_JISX0213、EUC-JISX0213、ISO-2022-JP-3に対応します。
  • libiconv - libiconvはJIS X 0213の符号化方式である Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 に対応しています。
  • mlterm - エンコーディングとして、EUC-JISX0213、Shift_JISX0213、ISO-2022-JP-3
  • nkf - ものすごく古い漢字コード変換プログラムである[nkf|http://sourceforge.jp/projects/nkf/]は、2006年7月リリースのVer.2.0.7で、Shift_JISX0213, EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3, Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004に対応しているとのこと。
  • アイヌタイムズ - Shift_JIS-2004で符号化された形(zip形式)で入手できます。
  • アイヌ語 - JIS X 0213によって初めてアイヌ語はコンピュータで扱えるようになりました。2000年にJIS X 0213が規格化されると、Shift_JISX0213によるアイヌ語テキストの符号化が行われるようになりました。
  • アイヌ語用カタカナ文字入力支援マクロ - これはShift_JIS-2004のもとで開発されたものですが、
  • サクラエディタ - Shift_JIS-2004とEUC-JIS-2004に「なんとなく対応」しているそうです。
  • チルダ - Shift_JISはJIS X 0201を拡張したものであることから、Shift_JISの0x7EもやはりJIS X 0201のオーバーラインです。画面表示がチルダ形であることは上記のように問題ありませんが、符号位置の意味としてはオーバーラインになります。
  • 円記号 - !!Shift_JISにおける重複符号化
  • 改定された常用漢字とJIS漢字コード規格 - こうした文字は、JIS X 0213の符号化方式のEUC-JIS-2004, Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004、あるいはUnicodeの符号化方式のUTF-8, UTF-16, UTF-32を使うと符号化できます。
  • 外字 - また、WindowsやMac OSといったソフトウェア製品では、Shift_JISの空き領域に独自に丸付き数字を割り当てたものがあります。これが上記2番目の意味の外字 (ベンダ定義外字) です。
  • 漢字 - JIS X 0208を補完する規格としてJIS X 0212 (補助漢字)が策定されましたが、[[シフトJIS|Shift_JIS]]方式で符号化できないことや古典漢文に偏り必ずしも現代日本文のニーズに合致していない方針もあいまって普及せず、JIS X 0213の開発につながりました。
  • 関連データ - * 「[JIS X 0213:2004対応による変更点|http://charset.info/jis2004.html]」。Shift_JIS-2004 (JIS X 0213:2004)とUnicodeの対応表もあります。
  • 丸付き数字 - JIS X 0208ベースのShift_JISやEUC-JPは丸付き数字に対応しないので、JIS X 0213ベースのShift_JIS-2004やEUC-JIS-2004を用いれば、上記の丸付き数字全てに対応できます。
  • 国内実装互換 - したがって、例えば、Windowsのメモ帳で丸付き数字やローマ数字を使ったテキストをシフトJIS (いわゆるCP932)として保存したファイルは、Shift_JIS-2004として解釈できます。
  • 双柱 - [シフトJIS|Shift_JIS]の符号化表現では8161となります。
  • 超漢字メール - よると、「超漢字メール」はISO-2022-JP-3やEUC-JISX0213、Shift_JISX0213に
  • 波ダッシュ - 波ダッシュはJIS X 0208の1区33点にあります。したがって、JIS X 0213では1面1区33点です。この符号位置はShift_JISの符号化表現では0x8160にあたります。文字名はWAVE DASHと規定されています。日本語通用名称は「波ダッシュ」です。
  • 波ダッシュ問題 - 波ダッシュ問題とは、Shift_JISやEUC-JPのようなJIS X 0208ベースのコードからUnicodeに変換する際に、一部の記号の対応するUnicode符号位置がおかしいコード変換の実装がある問題を指します。記号の文字化けの原因となっています。この問題に現れる代表的な記号が波ダッシュであることから、波ダッシュ問題といいます。
  • 符号化文字集合 - また、附属書1から3において、Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004, EUC-JIS-2004を定義していますが、これらも上記の定義における符号化文字集合です。
  • 文字コード - ひとつめの意味は、例えば「ASCII」や「[[ISO/IEC 8859-1]]」、「Shift_JIS-2004」などが該当します(IETFの語法で「文字符号化方式」に当たるものも含みます)。ISOやJISの定義で「符号 (code)」という語は「符号化文字集合」と同義なので、「文字コード」という広く知られている言葉を「符号化文字集合」と対応させて用いることができます。
  • 面区点番号 - 面区点番号が分かれば、7ビットコードや8ビットコード(EUC-JIS-2004)、あるいはShift_JIS-2004における符号化表現が一意に定まります。