トップ 新規 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

検索

キーワード AND OR
  • ACMS B2B - データ・アプリケーション社の企業間電子商取引用ソフトウェア[ACMS B2B|http://www.dal.co.jp/products/edi/b2b/outline.html]は、JIS X 0213に対応しました。
  • ACMS EAIpro - データ・アプリケーション社のACMS EAIproは、V.2.9.0からJIS X 0213に対応しました。
  • ASCII - !!JIS X 0213との関係
  • Alpha - exealさん作のWindows用のテキストエディタAlphaは、JIS X 0213:2004の3つの符号化方式、
  • Anthy用JIS第3・第4水準漢字変換辞書 - JIS X 0213の文字 (第3・第4水準漢字) を入力するための
  • AnyTran - データ・アプリケーション社のデータ変換・コード変換ソフトウェア製品[AnyTran|http://www.anytran.jp/]は、JIS X 0213の符号化方式に対応しました。
  • Apsaly - Windows用のフリーのテキストエディタApsalyはShift_JISX0213, EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3 に対応しているとのこと。
  • BBS-相談所/3 - 重複符号化になりますが、ISO-2022-JP-2004に関しては(EUC-JIS-2004やShift_JIS-2004と異なり)使用禁止も「慣用的な利用との互換」もJIS X 0213の附属書に規定されていません。
  • BMP - !!JIS X 0213との関係
  • CJK互換漢字 - JIS X 0213や台湾の漢字コード規格CNS 11643におけるCJK統合漢字で包摂される字体などです。
  • CJK統合漢字 - 韓国KS規格で重複している漢字や、JIS X 0213で人名用漢字の関係で追加された一部の漢字がこれに当たります。
  • CP932 - 下記に挙げるような様々な問題を持っているので、使用すべきではありません。JIS X 0213のShift_JIS-2004を用いる必要があります。
  • Canna - [Canna, かんな|http://canna.sourceforge.jp/]は、JIS X 0213対応を公式には謳っていませんが、EUC-JPのSS3(0x8f)が扱えるので、(辞書さえ用意すれば)EUC-JISX0213の環境でもちゃんと動きます(確認済み)。
  • CorvusSKK - JIS X 0213の文字を入力することができ、EUC-JIS-2004の辞書ファイルにも対応しています。
  • EUC - !!JIS X 0213におけるEUC
  • EUC-JIS-2004 - EUC-JIS-2004は、JIS X 0213の符号化方式のひとつであり、JIS X 0213とASCIIを同時に運用するものです。
  • EUC-JISX0213 - EUC-JISX0213
  • EUC-JP - !!JIS X 0213との関係
  • Emacs - JIS X 0213対応が進んでいます。(Windowsに移植されたEmacsであるMeadowも同様)
  • FrontPage - !!!JIS X 0213 Wiki
  • GNU C Library - バージョン2.3以降で、文字コード変換の関数・コマンドのiconvでJIS X 0213の符号化方式(EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3, Shift_JISX0213)をサポートしています。
  • Gauche - Schemeの処理系GaucheはJIS X 0213をサポートしています。
  • HP-UX - HP社のOS、[HP-UX|http://h50146.www5.hp.com/products/software/oe/hpux/index.html]は、HP-UX 11i v3 からJIS X 0213に対応しました。
  • IPAフォント - いるTrueTypeフォントです。JIS X 0213:2004に対応しているとのことです。
  • ISO-2022-JP - !!JIS X 0213との関係
  • ISO-2022-JP-2004 - ISO-2022-JP-2004は、JIS X 0213の符号化方式のひとつです。JIS X 0213:2004の附属書2で定義されています。
  • ISO-2022-JP-3 - ISO-2022-JP-3は、JIS X 0213:2000の附属書2で定義されている符号化方式です。
  • ISO/IEC 10646 - !!JIS X 0213との関係
  • ISO/IEC 2022 - JIS X 0213もそうした文字コード規格です。
  • ISO/IEC 646 - !!JIS X 0213との関係
  • ISO/IEC 8859 - !!JIS X 0213との関係
  • ISO/IEC 8859-1 - !!JIS X 0213との関係
  • ISO/IEC 8859-2 - !!JIS X 0213との関係
  • JIS X 0201 - !!JIS X 0213との関係
  • JIS X 0208 - JIS X 0208は、日本の文字コード規格で、JIS X 0213の元になったものです。
  • JIS X 0212 - [[ISO/IEC 2022]]の枠組みのもとで使うことのみを意図しており、Shift_JISの符号化で用いることはできません。これはJIS X 0212が普及しなかった大きな理由と考えられます。このことから、Shift_JIS方式の符号化も可能なJIS X 0213が開発されることとなりました。
  • JIS X 0213 - JIS X 0213
  • JIS X 0213用BDFフォント - JIS X 0213用BDFフォント
  • JIS2004 - JIS2004とは、符号化文字集合規格JIS X 0213の2004年改訂版の通称です。したがって、JIS2004の規定する内容についてはJIS X 0213の項を参照してください。
  • JIS第3・第4水準漢字を用いる三国志人名リスト - 三国志に登場する人名のうちJIS X 0213の文字を必要とするものを
  • Java - Java言語では、バージョン7から、JIS X 0213の符号化方式のひとつShift_JIS-2004への
  • Jedit X - Shift_JISX0213をサポートしているようです。
  • Macintosh OS X - Macintosh OS Xは、JIS X 0213:2000の符号化方式のひとつShift_JISX0213に
  • Menu - *[Project X0213 ホーム|http://x0213.org/]
  • Mew - 受信した画面です。人名の漢字や各種記号類にJIS X 0213の文字が使われて
  • Mule-UCS - Emacs用のパッケージMule-UCSは、EmacsでJIS X 0213やUnicodeを扱う
  • PHP - Webサイトによく使われるプログラミング言語の[PHP|http://php.net/]では、バージョン5.4からJIS X 0213の3つの符号化方式、Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004が使えるようになったそうです。mbstring拡張モジュールで対応しているとのことです。
  • Perl - を使うことで、JIS X 0213の符号化方式EUC-JISX0213、Shift_JISX0213、
  • PostgreSQL - オープンソースのデータベース管理システム[PostgreSQL|http://www.postgresql.org/]は、バージョン8.3からJIS X 0213に対応するそうです。EUC-JIS-2004とShift_JIS-2004を、それぞれ「EUC_JIS_2004」と「SHIFT_JIS_2004」という名前で扱えるようになるとのこと。
  • Python - プログラミング言語Pythonはバージョン2.4からJIS X 0213を標準でサポート
  • RACCOON - データ・アプリケーション(DAL)のシステム連携のためのソフトウェア製品「RACCOON(ラクーン)」は、JIS X 0213の符号化方式、Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004に対応しています。
  • Ruby - JIS X 0213の符号化方式のひとつEUC-JIS-2004に対応しました。
  • SKK - Emacs上の仮名漢字変換方式SKKではJIS X 0213の文字を入力することができます。
  • SKKIME - 使う方法が「[SKKIME用JIS X 0213漢字辭書|http://seijiseikana.g.hatena.ne.jp/iwaman/20050524/p1]」に記されています。
  • Safari - JIS X 0213の符号化方式のひとつShift_JIS-2004に対応しています。
  • Scala - Java実行環境の上で動作するScala言語では、Javaと同じくShift_JIS-2004を入出力に使うことができます。Shift_JIS-2004はJIS X 0213で定義されている文字符号化方式のひとつです。
  • Shift_JIS - *[JIS X 0213の代表的な符号化方式#Shift_JIS-2004|http://www.asahi-net.or.jp/~wq6k-yn/code/enc-x0213.html#sjis-2004]
  • Shift_JIS-2004 - Shift_JIS-2004は、JIS X 0213の符号化方式のひとつです。JIS X 0213の符号を計算式によって変形したものとJIS X 0201とを同時に用いる方式で、1バイトと2バイトの混在する文字コードです。
  • Shift_JISX0213 - Shift_JISX0213
  • T-Time - Voyager社のT-Timeは[バージョン2.2|http://www.voyager.co.jp/T-Time/22spec.html]からJIS X 0213に対応しました。
  • Tamago 4 - Mule-UCSに附属のlisp/jisx0213/egg-sim-jisx0213.elと組み合わせるとバックエンドを使わずに記号入力やJISコード値入力が可能です。
  • TeX - 齋藤修三郎さんの「[JIS X 0213 への道|http://psitau.at.infoseek.co.jp/jisx0213.html]」では、pLaTeX2eでShift_JISX0213を扱うためのパッケージが公開されています。また、EUC-JISX0213-plane1にも対応したようです。
  • UNICODE2SJIS2004 - レアアースさん作のWindows用のコード変換プログラム[UNICODE2SJIS2004|http://hp.vector.co.jp/authors/VA018305/u2j2.html]は、Unicode (UTF-8, UTF-16, UTF-32) からShift_JIS-2004あるいはShift_JISX0213に変換することができます。
  • UTF-16 - !!JIS X 0213との関係
  • UTF-8 - !!JIS X 0213との関係
  • Unicode - !!JIS X 0213との関係
  • Vine Linux - Vine Linux 2.1以降は、最初から JIS X 0213が使えるようになっている
  • Wikiページ作成ガイドライン - //IDとパスワードはそれぞれ「jisx0213」、「jis2004」です。ログイン操作は画面右上の//「ログイン」リンクから可能です。
  • Wnn8 for Linux/BSD - Linux/BSD用の文字入力ソフトウェア[Wnn8 for Linux/BSD|http://www.omronsoft.co.jp/SP/pcunix/wnn8/index.html]はJIS X 0213の文字の入力に対応しています。EUCロケール、Unicodeロケールの両方でJIS X 0213に対応しているとのことです。
  • XANO明朝 - 内田明さんにより製作されたJIS X 0213:2004実装水準4に対応したTrueTypeフォントです。
  • Y.OzFont - Y.OzFontは、Y.Ozさんが製作したJIS X 0213:2004実装水準4に対応したUnicode配列の手書き風フォントです。フリーソフトで権利の放棄はしていません。
  • Yudit - テキストエディタyuditは、バージョン2.6.beta2からJIS X 0213に対応しました。
  • azur - (アジュール) はJIS X 0213に対応しています。
  • cannadic改 - 仮名漢字変換辞書、[cannadic改|http://sourceforge.jp/projects/alt-cannadic/]は、JIS X 0213の文字を入力するための辞書を含んでいます。単漢字変換や、面区点番号からの変換、記号類の入力等が可能です。
  • gTef - JIS X 0213に対応しているとのことです。
  • iconv - iconv -f SHIFT_JISX0213 -t UTF-8 < sjis.txt > utf8.txt
  • jless - lessの日本語対応版jless はJIS X 0213:2000, JIS X 0213:2004に対応しました。
  • kf - 奥村晴彦氏による漢字コード変換プログラム[kf|http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/kf.html]を[JIS X 0213に対応させるパッチ|http://www.ne.jp/asahi/txt/moon/h/kf.html]があります。
  • kterm - kterm用JIS X 0213対応パッチがJIS X 0213用BDFフォントのページから
  • libiconv - !!JIS X 0213対応
  • libmoe, mbconv - JIS X 0213:2000を含む多くの文字コードに対応しています。
  • mlterm - 多言語対応端末エミュレータのmltermではJIS X 0213を扱うことができます。
  • nkf - ものすごく古い漢字コード変換プログラムである[nkf|http://sourceforge.jp/projects/nkf/]は、2006年7月リリースのVer.2.0.7で、Shift_JISX0213, EUC-JISX0213, ISO-2022-JP-3, Shift_JIS-2004, EUC-JIS-2004に対応しているとのこと。
  • nvi-m17n - nviの多言語化(m17n)パッチの最新のものは、iso-2022-jp-3, euc-jisx0213に対応している模様。
  • rdic - Dave Scottoさんの「[rdic - 英辞郎検索ツール|http://www.yasgursfarm.us/rdic/]」では、英語辞書の発音記号を表示するために、JIS X 0213を使うことができます。
  • skf - simple kanji filter - JIS X 0213:2000, JIS X 0213:2004の各エンコーディングの他にもUnicodeや補助漢字を含む多数のコードに対応しています。
  • w3m - ウェブブラウザ・テキストビューア[w3m|http://w3m.sourceforge.net/]の最新版0.5.x系列は多言語機能が含まれており、JIS X 0213にも対応しています。
  • アイヌタイムズ - JIS X 0213で追加されたアイヌ語表記用の片仮名や、エスペラントの表記に
  • アイヌ語 - !!JIS X 0213との関係
  • アイヌ語用カタカナ文字入力支援マクロ - JIS X 0213で追加されたアイヌ語表記用片仮名を秀丸エディタで
  • エスケープシーケンス - ,JIS X 0213:2000 漢字集合1面,1B 24 28 4F,ESC $ ( O
  • キリル文字 - * JIS X 0213 - 同上。JIS X 0208から追加は無し
  • ギリシャ文字 - * JIS X 0213 - JIS X 0208に対し、シグマ小文字の語末の形(ファイナルシグマ)を追加。この追加にはギリシャ政府からの要請があった。
  • コミュニティ - 「[JIS X 0213メーリングリスト|http://www.ne.jp/asahi/txt/moon/l/jisx0213.html]」は、JIS X 0213に関する情報交換や議論のためのメーリングリストです。
  • ソフトハイフン - !!JIS X 0213におけるソフトハイフン
  • チルダ - JIS X 0208にチルダがないことは、補助規格のJIS X 0212、拡張規格のJIS X 0213のどちらも波ダッシュとは別にチルダを収録したことからも分かります。
  • ノーブレークスペース - !!JIS X 0213におけるノーブレークスペース
  • ラテン文字 - * JIS X 0213 - JIS X 0208に加えて、ダイアクリティカルマーク付きのラテン文字や英語以外に用いられる文字も含んでいます。特に、[[ISO/IEC 8859]]の第1部・第2部の文字は全て含みます。
  • ローマ字 - !!長音符号とJIS X 0213
  • ローマ数字 - !!JIS X 0213におけるローマ数字
  • 異体字転 - JIS X 0213:2004に対応しているとのことです。
  • 円記号 - !!JIS X 0208およびJIS X 0213における円記号
  • 花園フォント - 「自由かつ無償の漢字フリーフォント」である[花園フォント|http://fonts.jp/hanazono/]はJIS X 0213:2004に対応しているとのことです。
  • 改定された常用漢字とJIS漢字コード規格 - JIS X 0213を使うと、改定後の常用漢字表に、字種も字体も問題なく対応できます。一方、旧規格のJIS X 0208では、一部の字体に、常用漢字表との間に相違があります。こうしたことは、経済産業省から調査報告が出ています(本ページ末尾の参考文献)。
  • 外字 - 例えば、丸付き数字はJIS X 0208にないので、この文字コードにとっては、符号化できない外字となります。これが上記1番目の意味です。(JIS X 0213やUnicodeには丸付き数字はあるので、これらの文字コードにとっては外字ではありません)
  • 漢字 - JIS X 0208を補完する規格としてJIS X 0212 (補助漢字)が策定されましたが、[[シフトJIS|Shift_JIS]]方式で符号化できないことや古典漢文に偏り必ずしも現代日本文のニーズに合致していない方針もあいまって普及せず、JIS X 0213の開発につながりました。
  • 漢字集合1面 - 漢字集合1面とは、JIS X 0213で定義されている2つの符号化文字集合の1つです。8,797文字を収録しています。JIS X 0208の上位互換となっています。JIS X 0208の符号表の空き領域の大部分を文字で埋めたものです。
  • 漢字集合2面 - 漢字集合2面とは、JIS X 0213で定義されている2つの符号化文字集合のうちの1つです。2,436文字を収録しています。JIS X 0213:2000において新たに設計されたものです。漢字集合1面はJIS X 0213の2004年改正で文字の追加がありましたが、2面には変更がありません。
  • 関連データ - *「[JISX0213 InfoCenter|http://www.jca.apc.org/~earthian/aozora/0213.html]」。コード表等のデータが機械可読な形式で用意されています。文字の探索やプログラミングのおともに。2000年初版制定時のデータです。
  • 丸付き数字 - !!JIS X 0213における丸付き数字
  • 規格票・関連文献等 - *[日本工業標準調査会|http://www.jisc.go.jp/index.html]の「JIS検索」ページで"X0213"で検索すると、pdfファイル形式で閲覧のみ出来ます(低画質で、印刷不可)。
  • 合字 - 以下ではJIS X 0213に含まれる合字を取り上げます。
  • 国際基準版・漢字用8ビット符号 - 国際基準版・漢字用8ビット符号は、JIS X 0208ならびにJIS X 0213で規定される符号化方式のひとつです。2バイトの漢字コードを[[ISO/IEC 646]]国際基準版 (ASCIIと同じ1バイトコード) と同時に運用するものです。一般的にEUCと呼ばれるコードに対応します。
  • 国内実装互換 - 国内実装互換とは、ベンダ定義外字との互換性を考慮してJIS X 0213に設定された符号位置です。
  • 出水ゴシック - 泊何水氏作成の[出水ビットマップフォントシリーズ|http://members.at.infoseek.co.jp/yu_izumi/]のうち、出水ゴシックM 16ドット(IZMG16)はJIS X 0213:2004の全文字が利用可能です。
  • 常用漢字 - !!JIS X 0213との関係
  • 人名用漢字 - !!JIS X 0213と人名用漢字
  • 青空文庫 - 使用を始めました。テキストデータは「[明日の本棚|http://www.sumomo.sakura.ne.jp/~aozora/jisx0213/]」
  • 双柱 - 双柱とは、垂直線を2本並べた記号です。印刷物において区切りの記号として用いられます。JIS X 0208 (したがってJIS X 0213も) やUnicodeで符号位置が与えられています。
  • 超漢字メール - よると、「超漢字メール」はISO-2022-JP-3やEUC-JISX0213、Shift_JISX0213に
  • 日医標準レセプトソフト - JIS X 0213:2004の文字に対応しているとのことです。
  • 日本語 Compaq OpenVMS - よると、日本語 Compaq OpenVMSはJIS X 0213の第3水準に対応している
  • 波ダッシュ - !!JIS X 0208ならびにJIS X 0213における波ダッシュ
  • 波ダッシュ問題 - この観点から最も推奨されるのは、Shift_JIS-2004 (Shift_JISX0213)の変換を用いることです。例えばiconvコマンドでは下記のようなオプション指定にてシフトJISからUTF-8へ変換します。
  • 鼻濁音 - !!鼻濁音表記とJIS X 0213
  • 表外漢字UCS互換 - 表外漢字UCS互換とは、JIS X 0213の2004年改正で第3水準漢字に追加された10文字です。ここでいうUCSとは[[ISO/IEC 10646]] UCS (Universal Coded Character Set, 国際符号化文字集合)のことです。JIS X 0213の例示字形を表外漢字字体表に合わせる際にUCSとの互換性の問題から設定されたものです。
  • 表外漢字字体表 - !!JIS X 0213との関係
  • 符号位置 - !!JIS X 0213における符号位置
  • 符号化文字集合 - JISでは下記のような定義がなされています。(JIS X 0213:2000より)
  • 文字索引 - *「[新JIS漢字典|http://hp.vector.co.jp/authors/VA000964/kanjiten.htm]」。JIS X 0213で追加された文字を画像で見ることができます。一部の漢字には編者によるコメントや和製漢字の辞典へのリンクが付されており、詳しい情報を得ることができます。(2004年改正未対応)
  • 文字名 - 1990年代以降、[[ISO/IEC 10646]]以外の文字コード規格も、各文字について上記のような文字名を与えるようになっています。2000年に制定されたJIS X 0213はもちろんの事、10646以前に制定された文字コード規格、例えばJIS X 0201やJIS X 0208は、1990年代の改正時に文字名を定義しています。国際標準の[[ISO/IEC 646]]や[[ISO/IEC 8859-1]]も各文字に10646に対応する文字名を定義しています。
  • 平仮名 - !!JIS X 0213における平仮名
  • 片仮名 - !!JIS X 0213における片仮名
  • 包摂 - 例えば、「逢」という字のしんにょうの点の数は1つでも2つでもあり得ますが、JIS X 0213やUnicodeといった文字コードではこうした1点しんにょう・2点しんにょうの字体を区別せずに同じ符号位置に対応させます。JIS X 0213なら1-16-9、UnicodeならU+9022です。
  • 面区点番号 - 面区点番号とは、JIS X 0213の符号位置(文字コード表の中の位置)を表すための番号です。3つの整数、すなわち面番号、区番号、点番号の組として表されます。例えば、「1面16区11点」のように表します。しばしば「1-16-11」のように略記されます。1-16-11は「茜」という漢字が割り当てられている符号位置です。
  • 蕨12 - 木原 英夫(KIHARA Hideo)さんによる12×12ドット(バウンディングボックスサイズは11x11)のJIS X 0213:2000の一部文字(『熙』までのすべての文字)に対応したBDFフォントです。ライセンスは改訂BSD style Copyrightです。